STAFF BLOG

#748 はらはら汗

2020.02.05
九鬼正行

こんにちは。九鬼です!

前回のブログの続き。
大阪出張、午後からは近畿テニス事業協会が主催する安全セミナーに参加してきました(#^.^#)

テーマは『ハラスメント』
近年ニュースでよく聞く言葉ですよね!

セクハラで懲戒処分を受けたり、
某大学のスケート部でパワハラがあり、泣いて会見をしたり
『何でもないようなことが幸せだったと思う』ようなおしどり夫婦がモラハラでスクープされたり(笑)

調べてみると、現在ハラスメント(いじめ・嫌がらせ)の種類は非常に細かくあり
約50種類ほどあるそうです"(-""-)"!!

上で挙げたセクハラ(セクシャルハラスメント)やパワハラ(パワーハラスメント)といった有名どころでいえば他にも・・・

アルハラ(アルコールハラスメント)・・・お酒の飲めない人に無理やり飲酒を強要する
カスハラ(カスタマーハラスメント・・・お客様からの無理難題や理不尽な要求
スメハラ(スメルハラスメント)・・・体臭や口臭、香水といった“におい”で相手を不快にさせる行為

などが、ありますが「こんなところまで!?」といったところでは・・・

ヌーハラ(ヌードルハラスメント)・・・麺をすする音を不快に感じさせてしまうこと
テクハラ(テクノロジーハラスメント)・・・パソコンやスマホに詳しくない人に対する嫌がらせ
オワハラ(終われハラスメント)・・・企業が学生に内定の代わりに就活を終わらせるよう迫ること
カジハラ(家事ハラスメント)・・・家庭内でのカジノ分担等で発生する嫌がらせ

といった最近ならではのものなんかもたくさん(´・ω・`)

ついには『ハラハラ(ハラスメントハラスメント)といって、言動のたびに「○○ハラスメントですよ!」と言ってくる行為まで出てきて(笑)・・・いやぁ生きづらい世の中ですわ(;'∀')


ハラスメントが発生する1番の原因は『両者による意見や考えの相違』にあります!
よくこういう言葉を聞きますね。

「俺たちの時代はこういうのが日常茶飯事だった。こういうのを乗り越えてここまで来れたんだ。」
「ごめんなさい。そういうつもりでやったわけではないんだ。」

自身の考えや環境が正しいと考える時代は、すでに古いとおっしゃっていられました。

これからは適切な距離でのコミュニケーションをはかることが大切なようです(*^-^*)
セミナーを聞いて、やるべきことは理解できましたが、それでもいきなり変えることは難しいような気がしました(;^ω^)

皆が楽しく過ごせる環境(職場・家庭)ができるといいですね♪

あとは、一人で抱え込まず必ず相談をすることが大切です☆★
ハラスメントで調べると、どんな種類があるのかはもちろん、相談センターなども出てきますので興味のある方はチェックしてみてくださいね(*^▽^*)

普段の言動を変える良いきっかけになればよいかなと思います(^_-)-☆

 

本日のブログは以上。ありがとうございましたm(_ _)m

ページのトップへ